頭皮のトラブルを予防もできる育毛剤は白髪の予防もできるのか

122view

2018.07.21

育毛剤は白髪の予防に直接的な効果はない

頭皮環境を良くすることが白髪予防に繋がる可能性も

髪の毛の問題としてよくあがるものの一つが、白髪です。一応白髪染めを使用するという対策こそあるものの、手間が掛かりますし良い予防方法があればそれに越したことはありません。そんな中で、「育毛剤は白髪に対して予防効果を持っている」という主張をして、白髪対策の意図のもと育毛剤を使用している人がいます。

実際に育毛剤に白髪予防の効果というものはあるのでしょうか。結論としては、育毛剤に直接的な白髪予防の効果は確認することができず、白髪に対して明確な対策になるということはありません。白髪で予防することができるのは髪の毛のフケや抜け毛などになりますので、それらの予防をしたいと思っている場合は利用するといいでしょう。

ただ、白髪になる原因の一つとして頭皮の状態が良くないということがあります。その場合は、前述のようにフケ等を予防して頭皮の状態を保つ効力を持っている育毛剤が間接的に効力を発揮するのでは、という点に関しても否定できません。あくまで、頭皮の状態を良くするところまでですが、それが白髪の予防として役立つことを考えると、使用する余地はあるといえるでしょう。

しかし、あくまで直接的に白髪を予防することができませんので、育毛剤を白髪への対策として利用すること自体は得策ではありませんから、その点は留意して使用しなければなりません。

白髪の予防は難しい

白髪の予防といっても実際には難しい点が絡んできます。白髪の一番の要因としては加齢があがりますが、この点に関しては防ぐことは難しいため、いくら予防してもどうにもならないということがありますし、実際に白髪が増えてきても明確に対策するのは現状では困難です。

加齢が避けて通ることのできないものである以上は、白髪が増えていくという状況に付き合いながらいろいろな対策をしていくことが、最善の対応ということになります。一方で、後天的要因が絡んで増える白髪に関していえば、対策の余地があります。後天的要因として白髪が増えるケースとしては、精神面が安定せず強いストレスを抱えてしまったり、服用している薬が原因になったりするということもあるのです。

その場合は、白髪が増える可能性がある原因を取り除くように動いていけば予防につながるかもしれませんので、「ストレスを抱える生活環境にあるため、自分は白髪が増える可能性があるのでは」と思っている場合は、予防について考えてみるといいかもしれません。

この他には、白髪が増える原因として遺伝を疑う人もいます。実際に遺伝が要因となって白髪が増えるケースそのものはありますが、この場合は20代や30代という比較的若い段階で白髪が増えるというケースが該当しますので、その点は留意しておかなければなりません。

頭皮の環境を最優先に考えるなら育毛剤は心強い味方になる

以上のように、育毛剤の使用が白髪の予防に繋がるという可能性は低いといえます。しかし、育毛剤のように頭皮の環境を良い状態にして保ち続ける効力を持つものは、白髪の予防という事項を置いておいても意味のあるものであり、単純に健康面を気にしている場合は取り入れたいものです。

「育毛剤は使用し続けると頭皮に悪影響を与えてしまうのではないか」と心配する人もいるかもしれませんが、販売されている育毛剤は頭皮を刺激する成分を一切含んでいないものもありますので、安心して使用を続けることができます。

もちろん頭皮の状態を良くしていることが白髪の予防に繋がることになれば最高ですし、髪の毛のケアを行う上で育毛剤の存在はとても大きいです。髪や頭皮を刺激する成分がなく、自分にとって合っている育毛剤を見つける必要こそあるものの、「白髪の予防以外にも育毛の促進や、頭皮の状態良化を考えている」人ならば、積極的に利用するといいかもしれません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る