女の薄毛の原因と育毛剤の効果~薄毛のメカニズムについて

60view

2018.07.21

薄毛のメカニズム

育毛剤は女性には効果があるのかどうかという話をするとき、男性と女性の薄毛の原因と方向性の違いについて考えなければなりません。まずはここから学んでいきましょう。「男の薄毛」と「女の薄毛」の場合、その原因は大きく異なります。

男性の薄毛の原因として非常にメジャーな「AGA(男性型脱毛症)」は男性ホルモンの影響を色濃く受けます。もう少し正確にいうのであれば、「男性ホルモンの一つであるテストステロンが、5α還元酵素と結びつくことによって、ジヒロテストステロンというものになる。これが、脱毛の原因になる」ということです。

そのため、テストステロン単体でも、また5α還元酵素単体でも、ジヒロテストステロンは発生しません。そのため、男性ホルモンが多くてもまったく薄毛に悩まされない人はいます。ただ、テストステロンが多ければ、その分相対的に薄毛になる可能性は高くなります。

このような「AGAの仕組み」は、女性の薄毛を考えるうえでも非常に重要な要素です。なぜなら、これこそが「女性の薄毛と男性の薄毛が違うこと」を示唆するものだからです。個人差はありますが、女性の場合、男性よりも男性ホルモンの分泌量は非常に少ないといえます。

現在では「女性型AGA」と呼ばれるもので、女性でも男性ホルモンの影響を受けて薄毛になるケースもありますが、それでも、女性が男性ホルモン(の作用)によって起きる薄毛に悩まされる可能性は非常に少ないのです。

このため、男性と女性の薄毛は、「その原因がまったく違う」といわれるのです。また、女性の場合は薄毛が進行したとしても、男性のように「まったく髪の毛がない状態」になる可能性はとても低いとされています。頭頂部などの薄毛が見られるようになったとしても、それがそのまま進行し続けることはほとんどなく、ある程度で薄毛の進行はとまることがほとんどです。

女性の薄毛の原因

では、女性の薄毛の原因は何なのでしょうか。女性の場合、加齢などによるホルモンバランスの変化で薄毛になる可能性が高いとされています。上でも述べたように、女性の場合は男性に比べて女性ホルモンの方がずっと多い状態にあります。しかし加齢とともに女性ホルモンの分泌量が増えていき、男性ホルモンの割合が増加する傾向にあります。

ただ、ホルモンバランスに直接的にアプローチするとなれば、医療機関への受診が必須です。「少しずつ自分で改善していきたいのだ」ということであれば、睡眠環境を整えたり、禁煙をしたりといったことが求められるでしょう。

また、強いストレスを受けた場合も、薄毛になりやすいとされています。この「ストレスによる薄毛」は、男性にも見られるものです。ストレスがたまるとホルモンバランスが乱れやすくなりますし、血行も悪くなり、髪の毛を育てるのに必要な栄養分が頭皮に届けられにくくなります。もっとも、「ストレスがどれほど薄毛に関係するのか」は専門医によって見解が異なります。

短期間で繰り返す染髪やパーマは、髪の毛に負担を与えて、切れ毛や枝毛を作りやすくさせます。これは女性が特に気を付けたいポイントです。

これらの「女性の薄毛」に、育毛剤がどれほど効果を示すか、というのはなかなか断言が難しいものです。ただ、女性用の育毛剤の場合は、特に「保湿」に重点をおいて開発されたものが多いため、「頭皮を保湿して、髪の毛と頭皮をダメージから守る」という点では有効だといえるでしょう。

保湿された頭皮はダメージを受けにくい環境にありますし、ダメージを受けなければ切れ毛や抜け毛のリスクを下げることができます。なお、男性に対しては極めて有用な成分である「ミノキシジル」は、女性の場合はその使用に制限が出ます。利用する際は注意が必要です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る