頭頂部の薄毛やつむじハゲに効果が期待できる育毛剤の特徴とは

136view

2018.07.21

頭頂部の髪の毛が気になり始めたら早めの対策を

頭頂部はハゲやすい傾向にある部位

薄毛の気になる部位といえば、頭頂部、つまりつむじ周辺から始まります。薄毛になりやすくハゲ安い頭頂部の対策は、気がついたらすぐに始めることがおすすめです。家族や親族に頭頂部の薄毛やつむじハゲの方がいる場合、同じ症状が現れる可能性も高くなります。

この頭頂部の薄毛やつむじ周辺にみられるハゲは、AGAの特徴のひとつですが、生え際も薄くなって抜け毛が気になる場合もあります。このAGAとは、Androgenetic Alopeciaの略のことで「男性型脱毛症」を指しています。思春期以降に頭頂部であるつむじか、額部分の生え際から抜け毛が進行し薄毛とハゲが始まります。個人差もありますが、頭頂部と生え際の両方に症状がみられる場合もあるようです。

頭皮の専門医やクリニックで診察を受けると、頭頂部のつむじ部分や髪の生え際をチェックすることでAGAなのかを判断するようです。このAGAは、進行しやすく時間の経過とともに徐々に広がっていくため、対策が必要です。頭頂部だけだから、生え際だけだから、と安心せずに対策のための一歩を踏み出すことが大切です。

ハゲが気になる!効果が期待できる「育毛剤」の特徴とは

頭頂部の薄毛や生え際のハゲの対策方法に、「育毛剤」の使用が注目されています。とはいえ、身近に育毛剤を使っている人がいないと、効果的なのかどうかがわからないので、本当のところが知りたいという人もいるはず。実際に、薄毛やはハゲが気になるときは、どんな対策方法があるのでしょうか。

頭頂部の薄毛やハゲが気になるときの3つの対策方法

  • ゆっくりでもいいのでしっかりと薄毛対策をしていきたい方には「育毛剤」
  • デメリットがあっても早い解決方法を希望する方には「育毛剤」と「植毛」
  • 「育毛剤」の使用までは決心がつかないという方には、生活習慣の改善から

薄毛やハゲが気になり始めたら「自分にぴったりの対策」がおすすめ

たくさんある薄毛やハゲの対策を以上3つの方法にまとめてみました。頭頂部から始まる薄毛やハゲは、ゆっくりと時間をかけて改善したり、費用がかかったりします。自分自身にぴったりと合う対策方法を見つけると、時間がかかっても費用がかかっても、頭頂部の薄毛改善を進めやすくなります。

育毛剤の使用が薄毛とハゲの対策に効果的な理由

頭頂部の薄毛やハゲの改善で「育毛剤」を使う人が多い

育毛剤は、頭皮や髪の毛に直接働きかける成分を多く含んでいるので、薄毛対策やハゲ始めたなと思ったときに優先される対策方法といっても過言ではありません。AGAが頻繁に取り上げられるようになる以前は、「頭皮マッサージ」や「食事の改善」などが中心でした。

しかし、頭頂部や生え際に始まるハゲには、遺伝や体質が大きく関係しているので、マッサージや食事の変化だけでは、なかなか効果がみられないということも少なくないでしょう。そこで、医薬品ではない医薬部外品に含められる育毛剤は、「効果が認められている」ので、おすすめの改善方法といえるでしょう。

育毛剤の特徴は頭頂部や生え際の薄毛対策にぴったり

効果が認められている対策方法のひとつの「育毛剤」は、今ある髪の毛を育てる働きや新しい髪の毛が生えるのを助ける役割があります。また、薄毛やハゲの原因となる抜け毛の予防や、頭皮環境を改善する効果も期待できます。

さらに、育毛剤の特徴は医薬部外品なので、薄毛やハゲに効果的な成分でも一定量のみを含めた製品で、身体に与える影響も限られています。この結果、副作用を過度に心配したりせずに使用を始めることができるので、薄毛が秋になる方が使用しやすいのです。

育毛剤でおすすめのタイプは?

育毛剤には、100種類以上存在するため、「育毛剤を使った改善をしよう」と思っても、どれが自分に合うもので、どの商品が良いかを選ぶのはちょっと難しいと感じることもあります。そんな時には、同じ頭頂部の薄毛で悩む人や生え際の対策をしてきた人の口コミをチェックして、高く評価されている育毛剤を使ってみることがおすすめです。

育毛剤の場合は、頭皮や髪の毛に働きかける成分が含まれており、中には有効成分を3種類ほど配合したタイプのものもあります。また、天然由来成分を数種類から数十種類配合した育毛剤なども人気が高く、頭皮環境を改善しながら薄毛やハゲの対策ができます。いずれの商品でも育毛や抜け毛の予防として効果が期待できるのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る