あなたの、ずっと心に引っかかっていること。

その悩みが無くなった時のことを想像してください。

 

『どんな髪形をしたいですか??』

 

現在の薄毛治療は劇的に進歩しています。

芸能人の方も薄毛治療でずいぶんと髪の毛が増えた方がいらっしゃいます。

 

ナインティナインの岡村さんは、自ら公言しています。

『毎月3万円で薄毛治療をしているから。』と。

 

そして、その結果が

10932407_1583785805189351_212183105_n-580x580

確実に成果が出ています。

まだ、継続しているようですから機会があれば、テレビでみてください。

一昔前と比べると、確実に増えています。

 

スマップの中居さんもissaさんも一昔前とは随分と変わりました。

この二人は公言していないので、薄毛治療なのかどうかは定かではないのですが。

usugeinoujin

芸能人だからと思われる方も多いようですが、

そうではありません。

月3万円の治療費は芸能人にしか払えない金額ではありません。

増えている女性の薄毛

「髪の毛はあって当然」という気持ち

女性でも、薄毛、抜け毛に悩む人が増えているようです。

クリニックを訪れる患者さんも、約3割が女性です。

薄毛の原因、タイプはさまざまですが、薄毛が進んだ女性の悩みは深刻です。
男性の場合、とくに中高年と呼ばれる年代になってくると、髪の毛が多少薄くなっても、平気とはいいませんが、ある程度は仕方がないと思う人も少なくありません。

それに対して多くの女性は、「自分の髪の毛は、いつまでもちゃんとあって当然」という気持ちが強いようで、薄毛、脱毛が目立ってきたときの心理的な葛藤、フラストレーションは、たいへん大きいものがあります。

before1

「更年期」前後と、20歳代の若い女性

薄毛、脱毛を訴えてクリニックを受診する女性は、大きく二つのグループに分けられます。
まず、40歳代、50歳代を中心とする、いわゆる更年期とその前後の年代にあたる人たちです。
加齢による脱毛に加えて、更年期にかかわる心身の変動やトラブルが関係していることもあります。

また、20歳代をはじめとする若い年代の女性も少なくありません。
こちらの場合、ストレス過剰、睡眠不足や片寄った食事などの生活面、甲状腺機能障害や貧血からくる脱毛など、原因はさまざまです。
いずれも多くの場合、自分で判断したり対処したりすることはむずかしいので、かかりつけ医、近隣の皮膚科などの医療機関に、早めに相談してほしいと思います。

女性の薄毛、びまん性脱毛症

脱毛には2種類ある

「進行する脱毛」と「一時的な脱毛」

これらのうち、年をとれば髪が薄くなる、つまり加齢による薄毛、脱毛と、

男性型脱毛症は、人間の体の中で起こっている変動に基づき、

時間とともに「進行する脱毛」ということになります。

 

人間の髪の毛は、そのほかの理由でも、抜けたり薄くなったりします。
その代表的なものが、ストレス過剰、頭皮のトラブルや血流障害、

生活の乱れや体調不良、何らかの病気の影響、薬物によるトラブル、などです。
これらはいずれも、いま挙げたような事柄が原因やきっかけになって起こる「一時的な脱毛」と考えられます。

実際、私たちの頭髪治療のなかでも、ストレスや生活状況を見直すことから、

薄毛や脱毛が改善したケースも少なくありません。

また、頭部に1センチから数センチ程度の円形の脱毛が起きる「円形脱毛症」という病気があります。
最近は自己免疫疾患の一種ではないかと考えられています。
やはり適切な治療によって改善するケースが少なからず見られますし、

ここでは「一時的な脱毛」のほうに含めて考えておくことにしましょう。

いままで説明してきた、進行する脱毛、一時的な脱毛、という区分けは、頭髪治療を進めるうえでの実際的なとらえ方だと考えてください。

 

進行する脱毛と一時的な脱毛では治療のアプローチも違います。

4f754406418393571e04dd282fb091a1

進行状態

3670a5693d632e93c96a8b411e4034f6

f4653f398677d26e4e8490fb6159aeff

薄毛治療の実際

実際の薄毛、抜け毛の治療では、以下のようないくつかのアプローチを重ね合わせながら対処していくというのが、基本的な考え方になっています。

・男性型脱毛症の進行の抑制、遅延(おもにフィナステリドを使用)。
・発毛そのものの促進(おもにミノキシジルを使用)。
・サプリメント(各種ビタミン、ミネラル)等の使用。日々の栄養状態の改善。
・ストレス、睡眠、食事など、頭髪への悪影響が疑われる事柄についての対処。
・精神的な落ち込みゃ不安などに対する適切なフォロー。

薄毛治療の考え方

考え方は二通りあります。

攻める治療

守る治療

この二つで考えます。

 

特に男性型の薄毛は進行する脱毛症です。

いったん起きると、放置すれば、硬毛の軟毛化、脱毛量の増加、薄毛、毛量の全体的な減少などがしだいに進んでいきます。

進行を食い止める必要があります。

だからこそ、男性型の薄毛は『守りの治療』で、進行を止めます。

フィナステリドという、進行する脱毛症を食い止める薬です。

generic-propecia

攻める治療は発毛促進です。

積極的に発毛を促していく治療。

ミノキシジルという薬を、塗り薬で使用して効果を出していきます。

場合によっては、飲み薬もあります。

プラスアルファで、睡眠改善やストレス改善や食事改善。

そして、栄養バランスを保つためのサプリメントでの補助など。

髪の毛に悪い影響を取り除き、積極的に発毛を支援する。

攻める頭髪治療です。

 

守る治療は

  • フィナステリドによる脱毛抑制と進行遅延
  • 頭皮トラブルの改善
  • ストレスの緩和、解消
  • 睡眠、食事の改善
  • 喫煙量の改善
  • 心のケア

などです。

攻める治療は

  • ミノキシジルによる発毛治療
  • フィナステリドによる脱毛抑制と進行遅延
  • 抗炎症剤の処方
  • ビタミン(B群、C、E、H)の摂取
  • ミネラル(亜鉛、鉄、銅、マグネシウム)の摂取
  • ストレスの緩和、解消
  • 睡眠、食事の改善
  • 喫煙量の改善
  • 心のケア

などです。

drugs

自分のレベルを知る

人間の髪の毛は、色々な理由や成り行きで、抜けたり薄くなったりします。

シャンプーしたりブラッシングをしたりすれば、何本か毛が抜けます。

髪の毛を手でつかんでギュッと引っ張れば、やっぱり何本か抜けます。

ストレスや過労からゴソット毛が抜けることもあります。

 

また、人によっては、ある年代から、前頭部から頭頂部にかけて毛髪が十分に成長しきらずに、細く短い毛のうちに抜けてしまったり、髪の毛の本数が減っていったりする場合があります。

これを「男性型脱毛症」と呼びますが、ヘアサイクル(毛周期)や遺伝的な素因が関係していて、男性ホルモンの体内変動や、ホルモン受容体の感受性の変化が大きく影響していることがわかってきました。

 

最近では、女性の薄毛の悩み・抜け毛の悩みが増えています。

薄毛治療専門の病院の、患者さんの約3割は女性というお話です。

女性の場合は、老化現象や女性ホルモンが原因、出産後の抜け毛などがあります。

男性と違うのは、全体的薄くなる方が多いことです。

 

若い女性の薄毛・脱毛について、まだまだ原因やメカニズムがよく分かっていない部分もあるそうです。

ストレス過多、生活の乱れがなどがかなり多いようです。

また、頭皮に悪い事をしている人も多いようです。

シャンプーのやり方を間違えていたり。

 

年を取ればたいてい、髪が薄くなったり、細くなったり、ボリューム感が減ったりします。

これらはどれも、髪の毛にとって自然な現象です。

 

 

薄毛治療の流れ

一般的な流れを説明します。

予約

薄毛の悩みは、殆どの人は出来るならばコッソリと病院に行きたいと思っているのではないでしょうか?

非常にナーバスな問題だからこそ、安心して来院して貰えるように専門の病院も様々な工夫をしてくれています。

薄毛治療専門の病院は、殆ど無料カウンセリングを行ってくれています。

また、女性専門の病院やクリニックもあります。

電話での予約は気が引けるという方のために、インターネット受付がメインになっています。

カウンセリング

現在の状態や悩み、どうなりたいかなどをゆっくりとヒアリングしてくれます。

そして、丁寧な質疑応答をして貰えます。

治療もいきなり高額な費用がかかるような事を進める病院は、まずないでしょう。

そのような病院であれば、この時代に1年も持たないと思います。

kaunnsera-

カウンセリングの結果、治療の方向性などを説明していただけます。

その場で、初診の予約をしても良いし、一度持ち帰ってゆっくりと検討しても良いです。

今、予約を取らなければみたいなことは、ありません。

脱毛エステなどは、治療ではなく売り上げ重視なので、そのような不安があるかもしれませんが、治療の場合は受ける受けないは、本人の意思が大事です。

 

受付

治療を受けることが決まったら、一般の病院と同様の問診票などを記入して、アレルギーや病歴、現在育毛剤などを使用しているかいないかなど。

現状と治療経過を確認するための写真を撮影するケースもあります。(これは病院によると思います。)

 

診察

診察は、視診と触診がメインです。

いきなり頭皮に注射とかされたらどうしよう。。。って不安にならなくても大丈夫です。

頭皮のことは、専門家が見て始めて分かることが非常に多いと思います。

髪の毛の状態と、ご自身の食生活やストレス状況。

全体的に診てもらい判断して貰えます。

そして、治療の方向性・具体的な治療方法を決めて進めていきます。

 

薬・サプリメント

治療は薬やサプリメントが多いようです。

まずは、髪の毛に悪いことを改善して、薬などで経過をみることがメインになるようです。

2014y03m31d_001943573

金額

一番こわいのが、『いったい幾らかかるの??』ってことだと思います。

冒頭に紹介した通り、毎回の通院費は30,000円位が多いようです。

カウンセリングは無料。初診料は10,000円位。

検査費用などは、5,000円位。

 

経過観察も月に1度位が多いようです。

 

育毛剤との差

育毛剤は購入して1カ月後には効果がある訳ではありません。

最低でも半年間は継続して、一つの育毛剤を使用してみないと判断が出来ないと言われています。

1種類目で当たりを引けば良いですが、何種類か試していると数年間購入していたりします。

 

その、総額と治療費を比べると、実は治療費のほうが安く済んだりします。

半年後にどちらの効果が大きいか、費用対効果はどうなのか?

 

これは、主観ですが治療の方が私はオススメです。

 

ik_1140_400_R

まとめ

専門の病院に行くことは、ゴールを設定して貰えるというメリットがあります。

 

想像してみてください。

ゲーションシステムを使うときに、自分の目的地を設定しても現在地が分からなければナビゲーションしてくれません。

 

あなたの、現在地を専門の病院でしっかりと認識すれば、目的地に向かうことが出来ます。

 

そのための、交通手段 『治療方法』 が決められます。

予算と方向性と目的地。

 

これが、分かれば最短で目的地に向かえます。

 

闇雲に突っ走るのは、いつか力尽きます。