頭皮は簡単には動かせない

頭皮(スカルプ)は、
全身のほかの皮層とは大変異なっています。

頭皮のしくみや働きを知り、
そのケアをすることは、
髪にとって最も大事です。

健康な頭皮

この頭皮について特に詳しく見ていきましょう。

頭皮は、
身体条件、
健康状態、
精神状態、
生活環境、
遺伝的要素、
食事内容、
仕事の内容、
手入れの状態などにより変化します。

頭皮は、
厚くて強く、
ゴムのような硬さと弾力を持っています。

これは皮下組織の線維と皮下脂肪がよく発達しているからです。

全身の皮下脂肪とは違った代謝を受けているため、
手のひらや足の裏と同じく、
全身の皮下脂肪が増えても頭の皮下脂肪は増えることはありません。

そして頭の皮下組織はその下の帽状腫膜という組織と強く結合していて、
頭頂部には筋肉もないため、
指でつまみ上げたりして、
簡単には動かすことはできないようになっています。

 

 

また人体で最も細胞分裂が活発なのが毛母細胞と腸の械毛細胞で、
毛母細胞の働きによる頭髪の維持には豊富な血流が必要です。

頭頂部は紫外線や乾燥、
汚れなどの影響を受けやすく、
他よりも早く老化しやすい部位であると言えます。

こういう頭皮の特徴を知ったうえで

スカルプケアをしていかなければならないのです。

アデランス育毛体験

 

頭皮のチエックいろいろ

異常な脱毛が起こる場合、
頭皮にもいろいろな症状が現れてきます。

どのような症状が現れたら脱毛開始のサインなのかを挙げてみましょう。

健康な頭皮は適度な潤いや滑らかさ、
張り、
弾力があり、
血液循環がよい状態ですが、
これらの状態が崩れると、
異常が起こってきます。

 

①フケの異常発生

正常な生理状態ではフケと脱毛に因果関係はありませんが、
「フケは脱毛の注意信号」と言われ、
フケの異常発生は、
脱毛の前兆となります。

あかフケは垢と同じく剥がれた角質に汗や皮脂、
汚れなどが交じったもので、
頭髪の太い毛の周りの皮膚が剥がれたものを言います。

フケは単に不潔にしているからだけでなく、
シャンプーの回数不足、
物理的・化学的刺激、
性ホルモンのアンバランス、
貧血や胃腸障害、
精神的疲労、
炭水化物や脂肪の摂り過ぎによる代謝異常、
ビタミンB2・B6不足、
精神的不安定、
アトピーやアレルギー、
生活環境などによって、
異常に発生することがあります。

フケには、
頭をかくと粉雪のように飛び散る乾性のフケと、
櫛やブラシに固まってついてくる

春先のボタン雪のようなベトついた脂性のフケ、
そしてこれらのミックスしたフケがあります。

 

パラパラのフケ……乾性のフケ(尋常性乾性落屑)

 

乾性のフケは、
頭皮の角化が著しく、
乾燥した角質層が正常以上に剥がれる現象です。

精神的・肉体的過労が重なったり、
櫛やブラシなどで無理に取り除いたり、
刺激の強いシャンプー剤などを使ったりすると、
悪化することがあります。

乾性のフケに対する手当ては、
頭皮に含まれている脂質類似の脂を頭皮に補給することです。

脱脂力の強いシャンプー剤の使用や、
皮脂を奪う強いアルコールを含んだ刺激の強い育毛剤や整髪剤は、
フケを悪化させる要因となることがありますので、
避けたほうがよいです。

刺激の少ない保湿力のあるアミノ酸系のシャンプー剤で洗い、
その後スキンヶァクリームや育毛剤を使用します。

暴飲・暴食をつつしみ、
便通を整えることも大切です。

doctor6_2

ベトベトのフケ……脂性のフケ(尋常性湿性落屑)

脂性のフケは、
正常以上に皮脂の分泌が高まって

頭皮が脂ぎっている状態です。

このような頭皮では、
脂腺が大きくなりその機能が高まっています。

また同時に汗の分泌も多くなっています。

これは男性ホルモンやビタミンの代謝異常などが関係し、
新陳代謝が活発になり、
皮脂や角質細胞を作る速度が増し、
大量のフケになったためです。

皮脂は洗い落とさないでいると過酸化脂質になり、
毛穴を塞いで炎症の原因を作り、
頭部、
顔面などに赤い痒い発疹、
すなわち脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)を生じさせるようになってきます。

脂漏性湿疹は、
頭、
額の生えぎわなどから始まり、
細菌や真菌(カビ)などの影響を受けます。

ひどくなると境目のはっきりした斑になり、
細かな鱗屑がたくさんついた湿疹病変が見られるようになります。

さらに眉毛、
耳の穴、
鼻のわき、
肢の下、
胸の中央、
へそのまわり、
陰部などにも発生することがあります。

一般的な対策としては、
頭皮表在毛細血管の血行をよくしながら、
頭皮から過剰な脂を除去するよう心がけることが肝要です。

脱脂力の強いシャンプー剤を使用し、
ビタミンB6などの摂取とともに、
ビタミンB2・B6などの含まれるトニックなどを塗布します。

普通のシャンプー剤で洗っても症状が芳しくない場合は、
マラセチアやトリコフィトン・トンズランスという真菌に感染していることがあり、
抜け毛に発展することもあります。

そういう場合は殺菌力のある薬用シャンプー剤などを試したり、
なかなか治らない場合は、
皮膚科での治療を受けるようにします。

doctor_illust02_03

②頭皮の突っ張り

頭皮がパンと張っていてつまめないような状態は、
血行不良を起こしやすい状態です。

一般に頭皮が硬いと言われる状態で

乾燥や血行不良などにより老化が促進されていたり、
紫外線などの影響で
コラーゲン(膠原線維)やエラスチン(弾性線維)の
乱れや分解・減少などの変化が起きていたり、
乳酸などの老廃物がたまっていることが考えられます。

逆に緩過ぎたり、
ブヨブヨ動いたり、
押すと凹むような「むくみ」の場合もありますので、
頭皮は緩いからとか動くからといって、
必ずしもよい状態というものでもありません。

適度な張りや弾力を持った状態がよい状態です。

頭蓋骨の頭頂部の一部がこぶのように突起していたり、
角張った状態になっていると、
頭頂部が薄くなってきます。

 

③頭皮の褐色化

日本人の場合は少し青白い状態が正常です。

これは毛根部を、
皮膚を通して見ているからこのような色に見えるのです。

褐色になったり炎症が起きて赤みをおびている部分は、
皮膚の生理機能が低下しているため、
頭髪は細くなりやすくなってきます。

 

④反応性充血速度

頭皮を指で強く数秒間押し、

指を離してすぐに赤っぽくなれば、

血液術環はよいと言えます。

 

 

白っほい状態か長く続くようであれば

血液循環はよくないと言えます。

 

⑤毛穴周辺の異常

毛穴に皮脂が詰まってべタついたり、
光っていたり、
逆に乾燥してカサカサしたり、
艶がない状態は健康な頭皮とは言えません。

できればヘアサロンなどで

マイクロスコープによるチェックを一受けてみましょう。

最近はパソコンにつないで自分でチェックできるような、
安価なものも市販されていますので、
調べてみるとよいでしょう。

毛穴から皮脂の塊が出たり、
毛根の周りに皮脂がついているような場合は要注意です。