Pocket

薄毛 対策

シャンプーを切り替える

薄毛になる恐怖を感じる年齢は人それぞれですが、

いつもに比べて抜け毛の数が増えたり、

なんとなく頭皮が透けてみえるようになったりすると

将来が心配になるものです。

薄毛を気にする若者

 

自分の父親がハゲていたり、

薄毛を気にして手入れをしている姿を見ると、

薄毛の上司

いつか自分も……

と悩み始める人がいます。

 

病気や健康に対する手入れのレベルには

「予防」「現状維持」「快復」

があるように薄毛対策も同じで、

薄毛予防と虫歯予防は

同じように考えられます。

 

歯磨きは虫歯になってからよりも

予防が大事だといわれるように、

髪の毛の場合もハゲる前に

シャンプーで清潔をこころがけ予防します。

 

薬用シャンプーに切り替えるのは、

抜け毛の数が正常の範囲を超えたり

フケが多くなったと感じたり、

 

「現状維持したい」という気持ちに

なったときを目安にします。

アンファー シャンプー

薬用シャンプーは

育毛成分が配合されているというよりも

フヶ止め成分の殺菌剤が使われていますから、

環境ホルモン、発がん性などの

危険性が指摘されているようなものもあります。

 

 

これらの製品を使う是非についてですが、

 

シャンプー剤の場合は

合成洗剤の使用の是非にも

発展する論議になることがあり、

 

 

ネットや告発本などや

一部の消費者運動の目玉に

とりあげられることがありますが、

 

 

ある物質の安全性を論ずる場合、

安全か有害かは、

 

その量と濃度と使い方の

3つの要因を考えなければなりません。

 

 

このような論議に対しては、

国が「甚だしくその使用を逸脱しない限り人の健康を損なう恐れがない」

旨の結論を出しています。

 

シャンプー剤の場合、

実際の使用状態では、

使用したあとすぐに洗い流すものです。

シャンプーすすぎ

また、

界面活性剤を

いろいろな濃度に薄めて一時間おく

セミクローズドパッチテストをした実験結果などから、

ノーマルな頭皮に対しては

皮膚刺激性を起こすことも

極めて少ないという結果がでています

(細田文一郎・藤井徹也著『続シャンプー』日本毛髪科学協会)。

 

しかし製品の安定性などの面からは

殺菌剤はなくてはならないものであり、

 

現在のところ

環境ホルモンと脱毛の関連性などは

明らかにされていませんので、

 

すすぎを十分に行いましょう。

 

育毛剤については

  1. 血行を促進するもの
  2. 男性ホルモンの働きを抑制するもの
  3. 細胞の活性化を図るもの、
  4. 皮脂の分泌を調整するもの

などいろいろあります。

 

これらの配合成分の割合により

商品に特徴があります。

 

使用を開始するポイントは、

頭皮が薄く硬いと感じるようになったときや、

ヒゲなどの体毛が濃くなってきたとき、

抜け毛の数がいつもより多くなったとき、

頭皮がべタつくようになったときなど、

予防的には早めに使用することをおすすめします。

 

薄毛 対策