理想の育毛ケア

自分の薄毛・抜け毛の症状を踏まえて

自分でできる理想の育毛ケアとはどんなものなのでしょうか。

皮膚臨床薬理研究所が実験によって

本当に効果のある育毛に成功した例に触れました。

ƒvƒŠƒ“ƒg

まずはその方法をご紹介しましょう。

被験者は、
男性型脱毛症の男性4名。

マウスで発毛効果が認められた処方で作った育毛剤を用い、
2年にわたり、
週1回、
次のようなケアを施して、
毛髪の変化を調べました。

最初にクレンジングオイルで油分を浮き上がらせた後
シャンプーします。

次にスチーマーで頭皮を温め、
頭皮をもみ出し洗いします。

そこで出てきた角栓様物質や皮脂を流すために、
再度軽くシャンプーをします。

その後、
きれいになった頭皮に育毛剤を塗布し、
頭皮マッサージ(もみ、指圧、軽く叩く)を5分間。

途中、
頭皮が乾いたところで、
再度育毛剤を塗布します。

遠亦外線を5分間照射し、
再度5分間の頭皮マッサージを行うという内容です。

頭皮の洗浄と頭皮マッサージは、
もみ出し洗いを考案した本人が担当。

マイクロスキンスコープで観察すると、
家庭で行う通常のシャンプー法では落としきれない、
毛穴に詰まった角栓様物質までもが除去されて、
毛穴の奥まできれいになっていました。

m4

育毛剤の効果を最大限に発揮させるためには、
毛穴に角栓様物質がなく、
きれいな状態がベストということです。

さらに、
頭皮を入念にやさしくマッサージすることで頭皮表面の温度が上昇し、
血流が増加します。

そのことも、
育毛剤の浸透を助成したといえるでしょう。

2年間の評価試験では、
抜け毛本数の変動も調べました。

週に1回の頭皮洗浄後の抜け毛を集めて硬毛、
中間毛、
軟毛に分類し、
加力月間、
それぞれの抜け毛本数を数えた結果、
3~8月、
春から夏にかけて抜け毛が多い季節、
ということがわかりました。

item_333_1
落ち葉と同じく、
秋に抜け毛が多いというイメージを抱いている方が多いようですが、
それは全くの嘘ということが、
これでわかりました。

 

この結果が何を意味するのか、
なぜ起こるのかについては、
まだ詳しく解明できていませんが、
ヒトも動物ということで、
鳥類の「換羽」のような時期があるのかもしれません。

 

家庭でできる育毛ケアは?

このように育毛剤を使った育毛ケアには

確かに効果があることは実験によって確認されています。

育毛 男性
とはいえ、
紹介した評価試験のようなケアを個人で続けるというのは、
あまり現実的ではありません。

しかし一方、
これくらい丁寧に行わなければ

「育毛ケア」

とはいえないということもぜひ自覚してほしいと思います。

本章の最後に、
自分でもできる育毛ケアの方法をご紹介しておきましょう。

育毛とは、
文字通り「毛を育てる」こと。

とはいえ、
毛髪そのものは死んだ細胞ですから、
育毛ケアでは頭皮にアプローチすることが大切です。

コシ・ハリが失われた細い毛髪しか生み出せない頭皮を、
太くて丈夫な毛髪が生える頭皮にし、
毛髪を頭皮に長く留めるのが育毛ケアです。

40代から始めても遅くはありませんが、
美しい髪をより長く維持していくためには、
頭皮・毛髪が元気な20代、
30代から育毛ケアを始めるのが理想的。

こまめに続けていれば、
40代以降も、
髪にコシ・ハリ、
そしてボリュームのあるへアスタイルでいられることでしょう。

121b3cff2ed41bc3d430f05d4a4237d1
育毛ケアは、
頭皮に直接働きかける育毛剤の使用と

健康な頭皮に保つ頭皮ケアという2本柱で行います。

 

〈育毛剤の選び方〉

育毛剤の使用は、
頭皮や毛母細胞に直接働きかける手段です。

働きによって、
次のような種類があります。

どの育毛剤が自分に合うか、
専門家に相談してから使用を開始しましょう。

201303141336000

・毛母細胞を活性化する働き

毛母細胞の活性化を促します。

主な有効成分は、ペンタデカン酸グリセリド、EGF(エピダーマル・グロス・ファクター)など。

 

・頭皮を清潔にする働き

頭皮を清潔にし、

毛髪の成長を妨げる雑菌の繁殖を防ぎます。

 

主な有効成分は、ヒノキチオール、白金コロイド、ジンクピリジオンなど。

 

・血行促進

頭皮の血行を促進し、

毛母細胞に酸素や栄養を送り、

毛髪の成長を促します。

 

主な有効成分は、ビタミンE、ミノキシジル、塩化カルプロニウム、

ブチルバニリルエーテル、ニコチン酸ベンジルエステル、

センブリ、ニンジンエキスなど。

 

・ホルモンの調整

男性ホルモンは毛母細胞を攻撃し、

薄毛の原因になるといわれています。

 

男性ホルモンの働きを抑えるため、

女性ホルモンのような働きをする成分を頭皮に塗布し、

ホルモンの調整を行います。

 

主な有効成分は、

イソフラボン、プロペシア、プエラリアミリフィカなど。

 

ただし、

20代〜40代の女性は、

女性ホルモンが減少しているわけではないため、

ホルモンの調整をする育毛剤の使用は、

医師や専門家に相談したほうがよいでしょう。

 

〈育毛剤の使い方〉

育毛剤を選択したら、
正しく使うことが大切です。

効果には個人差がありますし、
即効性はさほど期待できないため、
2~3カ月ぐらいは続けて様子を見てみましょう。

育毛剤には、
毛穴から吸収される有効成分もあるため、
シャンプー後のきれいな頭皮につけるのが絶対条件。

もみ出し洗いをしてから使用すると、
効果アップが期待できます。

頭皮の血行が良好だと、
有効成分が頭皮に浸透しやすくなります。

beauty2_05img_01
両手の指先で、
軽くトントンと叩きながら塗布しましょう。

女性の場合は全体的にボリュームダウンしますので、
頭頂部や生え際だけでなく、
全休的に塗布するようにしましょう。

 

〈育毛のための頭皮ケア〉

頭皮のケアには、
育毛剤を使用する以外の方法もあります。

次に紹介するポイントは、
ぜひ日ごろから心がけるようにしてください。

基本中の基本は、
頭皮を清潔に保つこと。

毛穴が汚れていたり、
詰まっていたりすると、
毛髪の成長が妨げられます。

シャンプー前の頭皮オイルクレンジングやもみ出し洗いで、
頭皮をやさしく、
徹底的に洗浄しましょう。

0640_60062b
次に必要以上の物理的刺激を与えないこと。

シャンプー時に爪を立ててゴシゴシこすり、
頭皮を傷つけるのは厳禁です。

毛髪が生まれる毛根にまでダメージを与えてしまい、
薄毛・抜け毛の原問になります。

頭皮は常に毛髪に守られているため、
外部からの刺激に弱いのです。

やさしく扱ってください。

そして、
毎日、
顔ヨガや頭皮マッサージなどを行い、
頭皮の血行を促進しましょう。


毎日5~10分で十分です。

習慣づけると、
より効果が上がります。

マッサージが面倒という人は、
クッションブラシを使うとよいでしょう。

o0600033312734588740
やさしくブラッシングするだけでも、
頭皮マッサージ効果が期待できます。

さらに、
頭皮を保湿することも忘れないように。

頭皮が乾燥すると、
炎症を起こしてフケ・かゆみがひどくなり、
薄毛・抜け毛の原因になってしまうこともあります。

脱脂力の強い高級アルコール系シャンプーの使用は避け、
マイルドな洗浄力で頭皮を保湿してくれるアミノ酸系シャンプーを使うのがベターです。

アミノ酸系シャンプーで、
髪ではなく頭皮を洗うよう、
時間をかけてシャンプーしてください。

doctor1_3