薄毛家系でなくとも頭髪ケアは必要

家系に薄毛の人がいなくても、
もしあなたが加代で現在髪がフサフサだとしても、
将来ハゲないというわけではありません。


近い将来、
薄毛になるかどうかは、
頭皮の状態を見ればわかります。

頭皮が薄く、
硬い部分があれば要注意。

血液の流れが悪くなっていて、
毛髪の成長を妨げています。

頭皮は他の皮膚と比べると厚くて

(頭頂部の表皮十真皮は2.35mm、ほおは1.53mm)強く、
皮下脂肪は増えない、
血管と脂腺が多いなどの特徴があります。

顔の皮膚は部位による差が大きく、
40種類以上の表情筋とつながっていていろいろな表情をつくっています。

ところが頭には額の前頭筋、
側頭部の側頭筋、
後頭部の後頭筋しかなく、
頭頂部の皮膚は筋肉ではなく帽状腱膜と呼ばれる

繊維の硬いコラーゲンが頭蓋骨を

帽子のように包んでいる組織とつながっているため、
自分で動かすことができません。

しかも体のいちばん高いところにあるため、
血流が悪くなりやすい部位でもあります。

頭皮が硬いと頭皮も薄く血液の循環が悪くなりやすく、
毛根部への栄養不足が起こりやすいのです。

頭蓋骨の出っ張った部分ほど血液がスムーズに流れにくくなり、
そこの部分から薄毛が進行していくのが一般的です

(頭が凸凹していたり、頭頂部や前頭部の頭蓋骨が突出している部位)。

ヘアサロンでは、
頭皮硬度計を使って頭皮のいろいろな部位の硬さを測りますが、
その数値が側以上(数値が高いほど硬く、
ハゲない人の数値は鋤前後)の部位は要注意です。

測定器具がなくても簡単に測れる方法を紹介しますので、
ぜひやってみてください。

 

〈やり方〉

頭皮の気になる部分を指で押してみましょう。

 

どんな感触がありましたか?

硬いですか?

やわらかいですか?

 

〈診断結果〉

硬さの目安は、

こぶしをにぎったときの感触で測ることができます。

片手をグーのかたちにして手の甲を上にして、

  1. 親指と人差し指の付け根の間の少し盛り上がった部分(ツボの合谷の位置)
  2. 手の甲の中心部分
  3. 中指の付け根の突起している硬い関節部分

 

この3か所と気になる部分の頭皮の硬さを比べてみます。

1に近い←ほとんど大丈夫

2に近い←ハゲない普通の人の状態

3に近い←要注意!ハゲやすい部位

弾力が感じられる場合は硬度も低い=やわらかい)のですが、
頭蓋骨を感じるくらいにパンと張っている頭皮は要注意です。

さらに頭皮をつまんでみましょう。

 

その場合、

左右から中心に寄せると頭皮は動くのに、

前後につまんでみると動かない状態だと血行不良が起こりやすく、

髪への栄養状態が悪くなりやすくなっています。

 

 

つまめないくらいに張っているところも要注意です。