Pocket

薄毛 対策

ブローの誤解。

b4f4f5af-45d8-45cb-9b95-03becfd7b77b

ブローもシャンプー同様、

毎日何気なく行っている人がほとんどだと思います。

 

特に、髪を早く乾かそうとして

ドライヤーの吹き出し口を髪に近づけて使うことが多い人、

逆にじっくり時間をかけて髪を乾かすことが多い人は要注意。

 

 

気づかないうちに毛髪のやけど、

「髪焼け」を起こしている可能性があります。

011hohobaoil

髪焼けとは、ドライヤーの温風で毛髪から適切な水分が失われ、

タンパク質が変質してしまう状態のこと。

 

髪焼けを起こした毛髪は、

内部のタンパク質が乾燥して硬くなったり、

毛髪の表面のキューティクルがはがれたりして、

枝毛・切れ毛になってしまうのです。

 

ブローの目的は、

湿気を含んだ毛髪を

適切な水分量(12~13%)にすることです。

041

しかし、

毛髪は100℃以上の温風をあて続けると、

タンパク質が変質してしまうのです。

 

140℃までは軽い変質ですが、

150℃で完全に変質します。

 

ドライヤーの仕様は、

JIS規格で

「室温が30℃のとき、吹き出し口から3mのところの温度を140℃以下にすること」

と定められています。

 

これに準じて、

ドライヤーの吹き出し口の部分からは、

一般的には100~110℃くらいの温風が出ています。

 

人体にあてるにはかなり高温のような気もしますが、

毛髪は温度を感じないので、気づきにくいのです。

 

当然、毛髪の表面もかなりの温度になります。

数cm離した程度の距離から

温風でブローしている人は、

その都度、髪の変質をまねいていることになります。

 

ただちにやり方を改めたほうがよいでしょう。

 

ドライヤーの温風は、

毛髪から15cm以上離せば、

100℃以下になります。

 

ブローの際は

ドライヤーと毛髪の距離を十分とって行うこと。

stockfoto_24238625_S-1

温風を同じところに長くあてないよう、

ドライヤーを小刻みに動かすのもポイントです。

 

手ぐしで毛髪をほぐしながら、

毛髪の内側にも風を送ると、

ブローの時間が短縮できます。

 

ドライヤーに低温や冷風の設定があれば、

そちらを使うのもよいでしょう。

 

髪が濡れていると、

毛髪の温度はあまり上がらないのですが、

乾いてくるとすぐに温度が上がります。

 

そのときに毛髪は

一番ダメージを受けやすいので要注意です。

乾いた毛髪をスタイリングする際は、

スプレーに入れた水で濡らしたり、

ローションなどのスタイリング剤をつけたりして

毛髪に水分を十分含ませてからブローするようにしましょう。

 

ドライヤーの熱が100℃以上と高温のため、

スタイリング剤によっては、

たくさんつけると煙が出たり、

燃えてしまったりするものがあります。

 

「火気厳禁」と書かれたものや、

アルコール、オイルが多く入っているものは、

使用の際、特に注意をしてください。

 

正しいドライヤーの乾かし方

髪に直接あてて使うへアアイロンやコテは、

ドライヤーよりも注意が必要です。

 

髪を伸ばしたり、

巻いたりするのに便利ですが、

コテの温度は150~190℃、

ヘアアイロンの温度は130~180℃。

 

誤った使い方をすれば髪は完全に変質します。

 

世界中で有名になった、

ヘアアイロンを調子に乗りながら使う女の娘。

 

 

*1:00辺りからご覧下さい。*
ダメージを最小限にするためにも、

コテを使う際は一カ所で止めず、

毛先に向かってさっとすべらせるようにして使いましょう。

 

ヘアアイロンも、

同じところに長時間あてないようにし、

髪は引っ張らないように、

「はさむ⇒離す⇒位置を変える」

というローテーションを繰り返します。

 

コテとヘアアイロンは、

滞れた毛髪には、

絶対に使わないこと。

 

時間がかかるうえ、

髪に大きなダメージを残します。

 

乾かした毛髪にトリートメントやブローローションをつけて、

さっとあてるのがコツです。

薄毛 対策